息苦しさを感じるほどの肩こり

肩甲骨全体から首筋にかけて広い範囲でこっています。酷いときは、二の腕にもこりの範囲が広がっています。少し触っただけでも、相当固くなっています。肩には、こりの塊のようなものもあるので、何だろうと不思議に思っています。

日常生活のなかで困っていることは、両腕をあげるのが辛いことです。腕を下ろしていても、肩こりは非常に辛いもので、凝りからくる痛みは逃げ場のない状態になっています。

肩こりで不眠になることもあります。こりが強いときは、眠りにつくまでの時間が相当かかります。朝方にようやく眠ることができたということもあるほどです。私の肩こりの症状は相当強いものなので、呼吸をすることが辛くなることもあります。何もせず黙っているだけで息苦しさを感じることもあります。

肩こりで息苦しさを感じて我慢できないときは、マッサージ機器を使っています。パナソニックのマッサージです。片手で持つことができて、強さや速さに叩き方も微調整できるので、楽になります。ハンディタイプのもので、使った後は1時間くらい肩が軽くなります。

マッサージチェアを使って背中全体から肩のこりを取ることもあります。肩こりだけでなく、腰から全体の血行を良くした方が、肩こり改善された状態が長時間キープできるからです。ただし、相当古いマッサージチェアなので最新機種のような揉み心地には遠いかもしれません。それでも、やらないよりはずっと楽になるので使っています。

マッサージ機器類はいつでも自由に使えるわけではないので、辛くて我慢できないときは肩こりの鎮痛剤を服用しています。

ハンディタイプのマッサージ機器とマッサージチェアはもらったものなので、費用はゼロ円です。鎮痛剤は定期的に飲んでいるので、毎月1,000円ほどかかっています。常用するのも良くないかもしれないと思っていますが飲まずにはいられないほどの肩こりなので、しょうがないです。

飲む機会が多いので、50錠や100錠入りで安いものを買っています。生理痛止めや頭痛用と大きく宣伝してあるものを選んでいますが、鎮痛剤なので効能に肩こりも記載してあるからです。飲むのと飲まないのとでは大違いで、飲んで数時間は大分楽になります。

肩こりの改善のための寝具の交換は、今のところはしていません。でも、肩こり専用の枕や低反発枕は検討しています。あまり医薬品に頼るのも良くないと感じ始めたからです。

コメントは受け付けていません。